« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月13日 (木)

07-楽しく英会話 PodENGLISH!!ポッド・イングリッシュ!!

TVディレクター牛島悟郎さんのインタビューは、今回で最後となってしまいました。
そこで今回は、いつもよりちょっとインタビューを長めに収録をしています。

前回の放送で回りの外国人に挨拶程度の英語しか、出来ない状態だった。
牛島さんは、友達を作るために考え出した秘策は、「日本人なんだから、
なにか日本の物でみんなを魅了して話しかけるきっかけを作ろう。」
そこで日本から取り寄せたのは、

「梅干し」!!

これには、あちらの高校生もいままで体験したことも無い不思議な味に
ビックリです。しかし、この作戦によって牛島さんは、友達を作ることが
出来たというだけではなくフランス人の彼女まで作ってしまうという、
ロマンチックストーリーまでに築き上げてしまいました。
さすが敏腕ディレクターさんです。高校生の時から、人生のディレクションをされ
ています。そして、その頑張りがそれから日本に帰ってからも人生の
ターニングポイントになったとご本人も言っています。
どんな、環境下でも凹むことなく自分で切り開くことが大切ですね。


リスナーのみなさん、
英語、分かりますか?話すことが出来ますか?
いいんです、ただこの”PodENGLISH!!”を聞くだけでも
あきらめずに英語に触れていきましょう。
それだけでもいつか、牛島さんのようにまだ、逢っていない
世界中の人とコミュニケーションが取れるようになりますよ。

では、Don' miss it!!







★ワンポイントレッスン★
今回のワンポイントレッスンもビジネスシーンで使えるものばかり。
以下に2つのフレーズを紹介しています。
番組を聞いて聞き取れなかった方も、英文で理解で理解してください。
何度も聞いて、何度も繰り返す!!それが英語上達の早道です。

Each episode of Pod English features a couple of phrases that are commonly used in daily conversation.
This is presented as a discussion between the host and assistants, or simply on their own to be repeated by the listener.
This portion of the program is called the "One Point Lesson".

1st:

At the next company meeting we’ll bring up the topic of to many overtime hours.

2nd:

Partnering with this company will be good for the project since they have much more experience in the field.

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



次回も英語力だけでなくチャレンジ精神も養ってしまう。
”PodENGLISH!!ポッドイングリッシュ!!”をお楽しみに




MP3版をダウンロード Click here to listen !





Podenglish_1Maine









| | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

06-楽しく英会話 PodENGLISH!!ポッド・イングリッシュ!!

お待たせしました。
本日も、PodENGLISH!!にTVディレクター牛島悟郎さんをお迎えしています。
今回も笑いの絶えないトークが楽しみですね。

牛島さんは、17歳のときに交換留学生でアメリカに留学。
そのときの牛島さんは、
今から想像できないくらい英語がまったく分からない状態で
おまけに学校に居る日本人は、彼ひとりだけ。
誰も助けてはくれません。

さぁ、ここで話しかけることさえも困難な牛島さんが友達を作るために考えた秘策は、
そして、なんとダンスパーティーでもサプライズが・・・

今回も興味深い話題がいっぱいのPod ENGLISH!!です。
Don' miss it!!


★ワンポイントレッスン★
今回のワンポイントレッスンもビジネスシーンで使えるものばかり。
以下に2つのフレーズを紹介しています。
番組を聞いて聞き取れなかった方も、英文で理解で理解してください。
何度も聞いて、何度も繰り返す!!それが英語上達の早道です。

Each episode of Pod English features a couple of phrases that are commonly used in daily conversation.
This is presented as a discussion between the host and assistants, or simply on their own
to be repeated by the listener. This portion of the program is called the "One Point Lesson".

1st:
Be sure to install the new antivirus software on all our PC’s.

2nd:
Partnering with this company will be good for the project since they have much more experience in the field.

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



次回でTVディレクター牛島悟郎さんのインタビューは、最終回を迎えてしまいます。
映像業界の常識では考えられない
牛島さんの波瀾万丈ハチャメチャ海外経験は
映像業界にご興味のある方には必聴の価値あり!!

次回もお楽しみに!!





MP3版をダウンロード Click here to listen !





Podenglish_1Maine








| | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

05-楽しく英会話 PodENGLISH!!ポッド・イングリッシュ!!

しばらく間があきましたが
リスナーのみなさまお元気でしょうか、PodENGLISH!!です。

今回も、PodENGLISH!!にはTVディレクター牛島悟郎さんをお迎えしています。
彼が学生生活をする地として選んだ場所は、
なるべく日本人が来ない場所としてメイン州(Maine ME)を選びました。
メイン州(Maine ME)、発音はメインなのになぜかnon メインな、マイナーな州?。(笑)
さて、今回も人一倍あふれるバイタリティから飛び出る楽しいエピソードなど
面白いお話しを聞かせていただきましょう。

今回も興味深い話題がいっぱいのPod ENGLISH!!、始まります。
Don' miss it!!


★ワンポイントレッスン★
今回のワンポイントレッスンもビジネスシーンで使えるものばかり。
以下に2つのフレーズを紹介しています。
番組を聞いて聞き取れなかった方も、英文で理解で理解してください。
何度も聞いて、何度も繰り返す!!それが英語上達の早道です。

Each episode of Pod English features a couple of phrases that are commonly used in daily conversation.
This is presented as a discussion between the host and assistants, or simply on their own to be repeated
by the listener. This portion of the program is called the "One Point Lesson".

1st:
This copy must be on the client’s desk by the morning
2nd:
He is so caught up in his work he is always running late for a meeting.

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



次回も、TVディレクター牛島悟郎さんをお迎えして3回目のインタビューをお送りします。
なにかと厳しい映像業界でもこんな楽しい業界人、牛島さんの波瀾万丈でハチャメチャ海外経験は
映像業界にご興味のある方に限らずみんなに必聴の価値あり!!

次回もお楽しみに!!




MP3版をダウンロード Click here to listen !



Podenglish_1Maine








| | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »